niiiwa


絵本や児童書をどんどん紹介しています。絵本や児童書、新旧問わず。


青い月の石 トンケ・ドラフト 作 / 西村由美 訳 岩波少年文庫

人と違うってことで悩んでる君へ。自分が周りの人とどこか違う。自分の考えている事が違いすぎて、周りと噛み合わない。「みんな同じ」なんてことはありえないんだけど、自分が異質だってことを強く感じるってことがある。それは「違和感」という直感なんだ。とても大切な感覚だから大切に育てることをおすすめします。違和感は、なくそうとするんじゃなくて、探究して明らかにしていくものなんだ。ちなみに、ぼくはいまだに「違和感の塊」です。あとね、そんなときは本をたくさん読むこと。本は生身の人間と違って突拍子もないことを突きつけてこない。文字になって本に閉じ込められているから、落ち着いて向き合うことができる。それでも迫ってくるような言葉があったら、ぼくは諦めて向き合うようにしている。それを見ないようにして、たといすっかり忘れてしまったとしても、白昼夢のようにいつも目の前にチラついている気がする。この物語に出てくるヨーストみたいにね。